最適な廃発泡スチロールの減容機械及び処理システム

最適な廃発泡スチロールの減容機械及び処理システム

発泡スチロール

かさばる厄介な発泡スチロール!されどリサイクル可能な大切な資源です。

例えば発泡スチロールの魚箱は原料を約55倍に発泡させたもので、その98%は空気です。その空気を上手に活用した便利な魚箱も、廃棄となるとスペースや運搬に大きな負担をかけてしまいます。一方、この発泡スチロールは廃棄時の処理方法によっては優良な再生原材料になるリサイクル資源でもあります。

使っているときは・・・

便利な資材(軽い・保温・成型しやすいなど)

使い終わると・・・

かさばりが厄介なゴミ

ただし・・・

大切なリサイクル資源

次のページ

このページの先頭に戻る